トップページ サラサラ成分でおなじみ「DHA」とは?

サラサラ成分でおなじみ「DHA」とは?

DHAは血液サラサラ成分とも言われていますが、そもそも人体の中に存在する成分のひとつ。
しかし、体内で作られることができず、かといって不足すると健康に影響があると言われている重要な栄養成分です。

 

青魚に多く含まれている成分で、血流を良くする・目の網膜機能を助ける・脳の働きを活性化するなどの働きがあります。

 

最後の「脳の働きを活性化する」という働きから、「記憶力が良くなる、頭が良くなる、学習力を高められる」といった効能もあると言われています。

 

女性に嬉しい効果として「美肌効果」もDHAの効能です。
血流を良くする働きにより、血行不良が原因の肌トラブル(有れやシワなど)を予防するために有効です。

 

マグロやかつおなどの青魚を食べることでDHAを補えますが、実のところ1日に必要なDHA量を補うためには食事では不十分です。
それ以前に魚が苦手な人は、魚を食べる人よりも不足してしまいます。
そんなDHA不足を解消するために、DHAサプリが存在し、多くの方に愛用されています。